2008年07月09日

912sh

先日、知り合いに携帯のメモリーカードへ音楽の書き込みを頼まれた

今日はそのことを書いておこう!

なんかまとまりないなぁ、このブログ…

まっ、気にせず…

自分はドコモの携帯を使用しているためSOFTBANKは全くの知識がない
けどネットで調べりゃなんとかなるかな?と安請け合い

いざ、iTunesでAACファイルを作成させてMicroSDに保存する[PRIVATE>MYFOLDER>My Items>Music]に置く
アーティスト名などのタグは利用できないとのことなのでファイル名を「アーティスト名_曲名」と入力して準備万端

カードを返して確認してもらう

「未対応だってよ!」

困った…。更に追加で調べると…iTunesのバージョンが影響していることを確認、不覚だった。

SOFTBANKに確認!

やっぱり、iTunesのバージョンが(というよりQuickTimeのバージョン)が7.3もしくは7.4だとファイルを未対応と処理するようだ

賢い利用者はバージョンダウンで7.2を使用している、もしくは別の変換ソフトを使用している

ここで参考になったのがiTunesをバージョンアップさせQuickTimeも同時にバージョンが上がる7.5を使用すると改善されるとの報告を受ける

なるほど!SOFTBANKからiPhoneの発売も控えiTunesの利用者も更に増えることとなるだろう…、その整備の一環なのかな?

どっちにしろ原因が追求できて安心した!

もしご存知でない方がいましたらiTunesのバージョンを最新のものにすると今まで通り再生ができるようですよ!

少しでも参考になれば…

ちなみに自分はso903iを大切に使っている
コレmp3ファイルを直再生出来るから何かと手放せないアイテムなんですよね!
posted by T90H at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110637798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。