2012年04月24日

コメントありがとうございます。

masaさん、コメントありがとうございます。

このブログが少しでも役にたったようで自分も嬉しいです。

また返信が遅れて申し訳ありません。

回答するのに色々調べることがあったのですみません。

masaさんの仰るとおり大切に使い続けたいという気持ちに共感しました。

また様々なやり取りが富士通とあったみたで大変でしたね。

自分もさんざんでした…。

またコメントにありましたアップグレードについて自分なりに考えてみました。

自分は今のところまだまだアップグレードを検討しておりません。

それはなぜかと言われると回答に困るのですが一番の理由は不具合や不満を感じていないからです。

今後のことを考えるとアップグレードを視野に入れたほうがよいと思うのですがなかなか今の環境に満足していて検討すらしてませんでした。

Windows XPは2009年4月にメインストリームサポートが終了しましたが、延長を求めるユーザーが多かったため、一般ユーザー向けの「Windows XP Home Edition」も延長サポートを受けられるようになりましたよね。

これにより、Windows XPのユーザーは、2014年4月までサポートを受けられます。

かといってこれ以降のことを考えても自分の必要とする環境では事足りてしまうのが現状です。

多分アップグレードを視野に入れるとするとmasaさんが仰った通りに「ビデオメモリの不足」と言ったハード面で限界があるかと思います。

しかしアップグレードが出来ないからといってこの機種を打ち切りで使わないというのは本当にもったいないと思います。

またアップグレードがどうしても必要、windows8でなければ動作しないソフト、周辺機器があるのであれば検討をしなければならないと思います。

しかし自分の環境ではまだまだXPでいける状況ですので緊急を要していないんです。

またコメントに見られました「メモリ増設の意味が半減」という意見については、そんなことはないと思っております。

それは純正のメモリ容量と増設した際の挙動の違いは一目瞭然だからです。

今はメモリも安価になってきたので試しに上げてみることを自分はオススメします。

本当に見違えるほどの動きをしますよ!

そんな訳で自分はメモリを増設してHDDを交換したこの機種を未だに非常に気に入っております。

快適サクサクの愛着でいっぱいなんですね…

ですのでアップグレードに関してまともな返答が出来ずに申し訳ありません。

メモリの増設など本機のことに関してなにか自分に回答できることがあればいつでもコメントお願いします。

では長くなりましたがこれからもよろしくお願いします。
posted by T90H at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | T90Hのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

メモリの増設(交換?)

メモリの交換(増設)について

先にブラウザの設定を書いたように今までの512MBの壁をなんとか切り抜けるために様々な工作を行ってきました。
しかしながら限界を感じ始めメモリの増設を検討するようになりました。
自分はメモリと言うものに対して知識もなく全て0からのスタートとなりました。
まずはメモリには規格があり、そのPCにあった企画のものを購入しなければなりませんでした。
自分のpcに関して書けばもう購入してから時間の経つ機種のため古いタイプだと分かりました。

以下、備忘録の意味合いでメモリについて分かったことを書いておきます。

まずはメモリの形状から見ていきます。
大体で区分けするとデスクトップではDIMMとなるようです。
最近の省スペース型デスクトップではS.O.DIMM
ノート機ではS.O.DIMMやMicroDIMMといったものが使用されるようです。

今回自分は形状が「DIMM」ということが分かりました。

次に伝送方式の違いがあります。
これは速い順にDDR3 SDRAM、DDR2 SDRAM、DDR SDRAM、SDRAMとなっているそうです。
最新機種の多くは、DDR2 SDRAM(ディーディーアールツー エスディーラム)を採用しているそうです。

今回自分の機種の転送方式は「DDR SDRAM」というものでした。

次に転送速度の違いがあります。
自分はここの理解に苦しみました。
それは動作周波数を基にした表記とデータ転送速度を基にした表記の2通りが存在したためです。
例えば自分の機種でいうと「動作周波数」を基にした表記ですとDDR400となり
「転送速度」を基にした表記にするとPC-3200ということだそうです。
自分はここで行き詰りました。
いざ、購入となった時に自分は「PC-3200」という規格を希望したのですが販売店での表示は「DDR400」となっていたためです。
ここで確認をし上記理由を知りました。
はっきり言って理解しにくかったです。
ですので以下に「動作周波数」と「転送速度」の対応を記しておきます。

DDR2-800=PC2-6400
DDR2-667=PC2-5300
DDR2-533=PC2-4200
DDR2-400=PC2-3200
DDR400=PC3200
DDR333=PC2700
DDR266=PC2100

そして以上の数値が自身の機種と決定されるとピン数も自ずと決まってきます。
しかしながらモバイルPC等では特殊なピン数もあるそうなので購入される前に必ず確認されたほうがよいと思います。

ここまでの確認に数日を要しました。
そしていよいよ購入とメモリの交換を実施しました。

今回もまたまた「上海問屋」さんにてメモリの購入となりました。
上記にあるように自分の規格と表示内容が異なることに疑問を感じてメールで問い合わせた際も非常に丁寧に回答して頂き本当に助かりました。
また購入からもスグに手続きをして頂き毎回迅速な対応は本当に素晴らしいと思いました。
中には指摘する方のコメントもありますが自分は「上海問屋」さんからは常にいい商品を低価格で仕入れられて大変満足しております。

前のT90HをばらしてHDDを交換し、その外したHDDを外付けとしてUSB接続できる一品も今でも充分フル稼働してくれています。



交換作業は至って簡単に出来ました。

では以下にメモリの(増設じゃないんだと思うので…)交換手順を記しておきます。
また参考にされる方がおりましたら、どうか怪我のないよう各自自己責任において作業をされるようお願いいたします。

まずは例によって背面のネジ類を外します。

20090206114016.jpg

詳細を確認されたい方は以前のT90Hの分解記事に目を通されることをお勧めします。

もし不明な点がありましたら連絡の程よろしくお願いします。

次に背面のカバーを外してみます。
本来、メモリの交換だけであればここまでする必要もありませんが今回はついでに内部の掃除も行うためカバーも外しました。
以下は任意で必要な方は説明書通りの交換方法を行ってください。

20090206114045.jpg

メモリの部分が現れました。

20090206115628.jpg

外す際は慎重にメモリの位置を確認して行ってください。
外したメモリのアップになります。

20090206115706.jpg

20090206115749.jpg

これがこれから交換する上海問屋で購入したメモリになります。
上海問屋セレクトとのことでメーカーは指定できませんが今回も「transcend」社のものを購入できて本当に安心して購入出来ました。

20090206115846.jpg

20090206112127.jpg

さて交換も無事に完了しました。

20090206120314.jpg

残るは起動が出来るかどうかです…。
心配になる気持ちを抑えて、まずはカバーだけを戻します。
ネジまで閉めてしまうと万が一がありますので…

よかった、無事に認識に関しても問題なく起動できました。

これで完璧!と一人で納得してしばらく使用してきました。
しかし自分なりにその後もメモリ関連を調べていくと…どうやらメモリに関してはまだまだ設定が必要なことが分かりました。

メモリの増設後は、特に初期型のXPマシンでは以下の設定をしてあげることでPC自体がフルにメモリを使用出来るようになるようです。
最近のPCでは初期状態で2Gが当たり前となっていますが自分のPCでは夢のような設定です…

以下は初期のXP搭載パソコンが対象になります。
最近の機種、Vista等では違ってくると思うので気をつけてください。

色々と検索してみるとやはり様々な設定方法がありました。
Windows XP の初期設定では XP を動作させるための最低条件である、メモリ128MB に合わせたシステム設定がされています。
この設定のままだと大容量のメモリを搭載していても、性能を十分に活かしきることができません。
512MB 以上のメモリが搭載したXP初期のパソコンなら搭載容量に合わせた設定を行い、メモリを最適化してあげた方がよいようです。

「スタート」→「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力して「OK」をクリックしてレジストリエディタを起動させます。
次に左側のウインドウ画面で「HKEY_LOCAL_MACHIN」→「SYSTEM」→「CurrentControlSet」→
「Control」→「Session Manager」→「Memory Management」のフォルダを開いて
「DisablePagingExecutive」のファイルを探します。
(無い場合は、右側のウインドウの空白部分をクリックして「新規」→「DWORD値」で作成されたファイルの名前を
「DisablePagingExecutive」に変更します) 
(自分の機種ではこれはありました)
「DisablePagingExecutive」のファイルをダブルクリックして「値のデータ」に半角で1を入力して「16進」にチェックを入れます。

更に、同じフォルダ内にある「IOPagelockLimit」のファイルをダブルクリック(無い場合は前述を参照して作成しましょう)します。
「値のデータ」には「64から96MB」の場合は「12288」
「96から128MB」なら「16384」、「128から256MB」なら「32768」
「256MB以上」なら「65536」を数値を半角で入力して「10進」にチェックを入れます。
(自分の機種ではこれは作成しました)

続け様にファイルキャッシュサイズの最適化を行います。
「マイコンピュータ」を右クリックして「プロパティ」→「詳細設定」→「パフォーマンス」→
「設定」→「詳細設定」→「メモリ使用量」で「システムキャッシュ」にチェックを入れて、
「OK」→「OK」とクリックして再起動しましょう。

これで増設(交換?)したメモリが充分に能力を発揮してくれるはずです。
posted by T90H at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | T90Hのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

T90Hの分解、改造記録!

写メの編集やら何やらで更新も滞っておりました!

という訳で今回は普段お世話になってるパソコンT90Hの内部掃除を行いました
普段ファンもフル稼働な訳で内部のホコリは相当なものです
面倒ですが定期的に掃除してあげないと内部の温度も上昇してしまうので
1ヶ月に一度くらいは掃除してあげた方がよいです
この機種、購入してから様々なトラブルを起こしてくれました
しかしその度に富士通の方に対応して頂き
また大きさが大きさなだけに出張サポートして下さったスタッフの
丁寧な対応に感動しました
中でも電源ユニットに関しては2,3回の交換となりました
挙句の果てにはディスプレイそのものの交換もして頂きました
今までの経過を記すと最初がHDDの交換
テレビボードの交換
マウスの初期不良
電源ユニットの交換
ディスプレイの交換
様々なトラブルがありましたがこちらからも丁寧に伝えて
迅速な対応をして下さった過去はいい?思い出です
出張サポートでは何度も解体される様子を見せて頂いたので一通りの手順を覚えてしまいました

では早速開けてみましょう!

T90H001.jpg

しかし!!!
これから先のトラブルに関しては一切の責任を持てませんし
メーカーのサポートも受けられなくなるかもしれませんので
あくまでも自己責任にてよろしくお願いします
(もし作業される方がいましたら最初に一通りの手順を確認した後に取り掛かって下さい)
(また不明な点がある際はコメントを下さい)
(分かる範囲でお答えさせて頂きたいと思います)


まずは外す際に気を付けて頂きたいのが電源です
これは確実に外してください
電源ユニットから出ている太い配線を抜きます

T90H002.jpg


背面の左右4箇所、計8個のネジを外します
右側4箇所




T90H003.jpg


左側4箇所




T90H004.jpg


ネジを外したら背面右側を見てください
太い赤線で記した辺りにツメがあります
ですので細い赤線矢印の辺りに両手を添えて
グッと力を込めて指先で押します
自分は何度も外しているので今では外しやすいですが
初めての方や女性の方には結構きついかもしれません
ですがマイナスドライバーなどを用いるとキズが付いてしまうと思うので
素手での作業をお勧めします




T90H005.jpg


何度かグッっと押すとカチャッと外れます
ツメが見えてきました
ここをクリアしてしまえば残りはゆっくりとツメを外せます




T90H006.jpg


この様に上部にも左右にも下部にもツメが引っ掛かっているのが分かります




T90H007.jpg


外された背面です
掃除機ででもホコリを取ってあげましょう




T90H008.jpg


背面の記念撮影です




T90H009.jpg


下部4箇所のネジを外します




T90H010.jpg


パカッと外れます




T90H011.jpg


ハードディスク、ディスクドライブ、問題の電源ユニットがお目見えします




T90H012.jpg


電源ユニットのファンです
これは裏カバーを外さなくても背面から見えるところです
結構なホコリが溜まっています




T90H013.jpg


背面上部のファンになります
2箇所のネジを外します
こちらもホコリが溜まります(羽根は11枚)




T90H014.jpg


こちらは背面左側になります
内部にファンがあります(羽根は11枚)




T90H014_2.jpg5箇所のネジを外します
青で囲んだネジはメモリーの増設の際に
裏のカバーを外さずにネジを取るものなので
カバーを外した今回は取る必要はありません
気になる方は外してもいいかと思います




T90H015.jpg


5箇所のネジを外した後はこのカバーを上方にスライドさせます
無理に手前に引っ張ったりすると壊れてしまうので注意して下さい




T90H016.jpg


上まで一杯に上げ切ったら右側からゆっくり開きます




T90H017.jpg


出ました!内部のファンになります
ここもかなりホコリがいっぱいです




T90H018.jpg


ファンの上がメモリーになります
ここもホコリがたまっています




T90H019.jpg


ファンはホコリだらけです!
ファン部、4箇所のネジを外します




T90H020.jpg


バラバラになったら綿棒にアルコールでも付けて磨きます
付いている状態を忘れないように気を付けて下さい




T90H021.jpg


ファンの後ろ、名前を何て言うのか分かりませんが、ここもホコリがいっぱいです
掃除機を近くで付けながらエアーダスターなどで吹き飛ばします




T90H022.jpgついでにメモリーも外してホコリを飛ばしましょう!
2箇所(計4箇所)のツメを左右に倒します
こちらも相当硬いです
また板状のため無理に力を入れると破損します
自分もこの作業は苦手なので無理にしなくてもよいと思います
ホコリが取れればいいです




T90H023.jpg


今回は撮影のために頑張って外してみました
二枚外してエアーでホコリを取りました
戻す際は慎重に溝に沿って入れて行き止まったら
左右どちらかから力を真っ直ぐ入れてツメを戻します
って、このやり方であってるのかなぁ…?
もし正規のやり方をご存知の方が居りましたら教えてください




T90H024.jpg


お次は問題の電源ユニットに取り掛かります
背面右側の電源ユニット、上部の2箇所にツメがあります
プラスチック製なので慎重に外します
自分は力加減で壊れてしまうことがあるのでツメが嫌いです




T90H025.jpg


カバーを外すと4箇所のネジがお目見えします
これを外します




T90H026.jpg
写真にも注意を入れましたがネジを外した後は
無理に手前に引っ張らないで下さい
この写真では見えませんが電源ボックスの奥にツメで引っ掛かっている部分がありますので写真のように左にずらし切ってから手前に引き出します




T90H027.jpg


無事に出ました!




T90H028.jpg


背面の通気口(?)にもホコリが溜まっています




T90H029.jpg


電源ボックスを開ける際は上部4箇所のネジを外します
しかしここも4箇所だけでは開きません!




T90H030.jpg


電源ボックス左側に配線の束があり、これが結束バンドで止まっています




T90H031.jpg


ですのでこれを配線を痛めないようにニッパーなどで切ります




T90H032.jpg


開きました!




T90H033.jpg


ここが様々なサイトが指摘をされているコンデンサー部のようです
このコンデンサーに液漏れがあると電源は入るが画面が写らない等のトラブルになるようです
自分の知識はあまりないのですが御自身でコンデンサーを変えられた方もいるようです
本当に参考になるサイトがあります、勉強になります

まずは許可を頂けたので紹介させて頂きます!
まずは「kyotobojou」さんのブログです!
アドレスはhttp://blog.goo.ne.jp/kyotobojou/e/0f4e1c9da8221819d181a03c73cbbd0aこちらです!
数多くの写真による解説とコンデンサの交換方法が紹介されています。
また数多くのコメントの内容が非常に充実しています
もし困ったことがあったらこちらのサイトを参考に行動されるといいかと思います

そしてもう一つが「ピーチ」さんのブログです!
こちらでも問題の経緯やサポートの方とのやり取りが非常に分かりやすく書かれております
アドレスはhttp://castleofpeach.blog57.fc2.com/blog-entry-1063.htmlこちらです!

またこの場を借りて今回の紹介にあたり心地よく快諾して下さった事に改めて感謝します、ありがとうございました!




T90H034.jpg


電源ボックスのファンです
外す場合は手前に見える4箇所のネジを外します
自分は今回は隙間から綿棒を入れてファンを掃除出来たので赤丸を付けませんでした




T90H035.jpg


中はまるで二階建てみたいです




T90H036.jpg


ファンを外さなかった理由はファンから出ている配線が結束バンドでとまっていたからです
でもファンを外さなくても隙間からしっかり掃除できます
時間はかかりますが…




T90H037.jpg


これが電源ボックスの奥で引っ掛かっているツメ2箇所になります
これって罠だよなぁ…




T90H038.jpgさて私的に…今回の大本命、HDDの交換になります
上部左右の赤丸2箇所のネジがHDD、下部左右の赤丸2箇所のネジがディスクドライブになります
配線も似ているので(というか同じか)分からなくならないように目印を付けて下さいね




T90H039.jpg


まずはディスクドライブを外します
内部も掃除します




T90H040.jpg


出ました!
今までお世話になったHDDです




富士通に確認したところHDDの詳細は教えてもらえませんでした
現物で確認したら「WD2500JB-16FUAO」と書いてあります
自分なりに調べたら「ウェスタンデジタル社製」
キャッシュサイズは「8M」
容量は「250GB」
回転数は「7200 rpm」
インターフェイス「Ultra ATA100」
平均シークタイム「8.9 ms」
との事でした!
参考になれば幸いです


そして今回HDDの交換をした一番の理由は保険的なものです
何かトラブルがあってデータが読めなくなったら最悪です
今回HDDを色々と調べまわりました
そして自分なりに知識を付けました
(HDD自体、そもそも消耗品であり寿命も3〜5年と捉えた方がよいとのこと)

また様々なお店の方の意見を聞かせて頂きました
ヨドバシカメラのスタッフの方、さすが商品に対する知識は豊富だと感動しました
そして今回HDD購入をした九十九電機のスタッフの方、大変お世話になりました
豊富なんて知識では表現し切れません
親切で丁寧な対応には心打たれました
また様々な提案をして頂き、嫌な顔一つせずに答えて頂き逆に申し訳なくなりました
奇しくも購入した翌日に営業の一時中止を知りました
「なんで?」の気持ちしか沸かず様々な背景を抱えていることを知りました
自分のような知識のないものがアレコレ語るのもおかしいですが
親切なスタッフの方々が居られればどんな困難な時期でも自分は大丈夫だと信じております
これからも利用させて頂きますので変わらない営業スタイルを貫いてください
応援しております!

と話が逸れましたが素晴らしい商品を素晴らしいお店から購入できて幸せです
知識のない自分はHDDは同じメーカーの同じものでないとダメだと思っていました
しかしメーカーも問わず要領も大きくても認識するようです
今回は初めてということもあり互換性を最優先に同一メーカーの同一容量のものにしました
九十九電機さんで「WD2500AAJB 」というHDDを購入しました


内容は
容量「250GB」
回転数「7200rpm」
平均シークタイム「8.9ms」
規格「ATA100」
バッファ「8MB」
パッケージ「バルク品」


ちなみにバルク品とはコンピュータ(主にパソコン)の部品や周辺機器のうち
簡素な包装で販売されている品目を指すそうです
対義語は「リテール品」(retail、小売品、ボックス品、パッケージ品とも呼ばれる)だそうです

T90H041.jpg


ちなみに今回最初から付いていたHDDのジャンパピンの位置は「cable select setting」でした
この辺も初めて知りました




難しいぃぃぃ…
何でもパソコンがハードディスクを認識する際に必要となる設定だそうです
詳細はまた自分で調べたいと思います
このHDDも決して壊れた訳ではないのでちゃんと外付けして利用したいと思います

T90H042.jpg


詳細を記念撮影です!




T90H043.jpg


ジャンパピンの配置もしっかり書いてありました!




T90H044.jpg


さて感動のHDDご対面も程々に再度左右のネジ4箇所取ります




T90H045.jpg


こちらが新しいHDDです!
よろしく頼むよ!




T90H046.jpg


ここにもジャンパピンの設定の図があります
配置は一緒です




T90H047.jpg


購入状態では「cable select setting」になっています




さてさて、以上でHDDの交換となりました
HDDは私的な部分となりましたが内部のメンテナンス方法は以上です
後はこの手順を逆に辿れば元に戻せます
何かの参考になれば幸いです

これを行えば内部も気分もスッキリします?
年末の大掃除に向けてパソコン内部のお掃除もお勧めします!

自分はこの後、HDDを交換したためリカバリ作業に入りました
面倒くせぇぇぇ…
元の環境に戻すのに丸2日は掛かったかなぁ…
でも動作はサクサクです
元々このパソコン優秀な方だもんなぁ、多分…
でも自分には使いやすくて最優秀です!
これからも頼むよ!

そうだ!リカバリの際に気付いたのはSP3が標準になってたこと
SP2を入れてからネット接続する必要なかったじゃん
やっぱりネット接続した後にwindowsのアップデートを行って
それからウィルス対策ソフトを導入する手順でいいのかなぁ?
皆さんはどうされていますか?

windowsのアップデートが先なのかウィルス対策ソフトが先なのか?
理由とかが分かれば万全ですが…

また今回外したHDDですがネットショップの上海問屋さんを利用させて頂き
接続ケーブルを購入しました
この上海問屋さん、パソコンの周辺機器が充実していてメモリーカード然りイヤホンから役立つ小物?が沢山あります
値段も安価なので安心です
レビューを見ると評価は人それぞれですが自分が購入したものは全て完璧でしたし安心して購入出来ると判断しております
外したHDDをどう有効活用するか?

散々悩みました…
壊れているなら諦めも付きますがまだまだ現役です!
HDDを串刺しのように使うものも存在して購入を検討したのですが
値段も高くて…、おまけにU-ATA(IDE)接続対応のものがありませんでした…
ならいっその事、使う度にHDDを交換するか?とも考えました
けどその労力を考えると無駄が多すぎます…
そして辿り着いたのは上海問屋のIDE接続ケーブルでした!
自分のは「ATAPI(IDE) - USB 変換ケーブル EVERGREEN EG-IDE56」

という商品でした!
値段も優れものですが、これマジで優れものです!
操作も至って簡単でUSB接続です
認識もちゃんと出来て一安心です!
これで必要な時にデータのやり取りが出来ます!

T90H048.jpg


こんな感じでパソコンの後ろに隠れていながらも力強く支えてくれます
まさに縁の下の力持ちとはこのことです




興味を持たれた方が居りましたら上記小さい画像をクリックすると上海問屋に直接行けますのでどうぞご利用下さい

今回、外付けで直接接続させるためにジャンパピンの設定を行いました
この製品「EVERGREEN EG-IDE56」の仕様として「マスター」か「スレーブ」にする必要があります
指示通り自分は「マスター」に設定しました
というか「マスター」のジャンパピンの位置は
ジャンパピンを外すだけなので正確には位置はありません
ですのでピンを無くさないように注意が必要です

では皆様の快適なパソコンの操作のお役に立てたら嬉しい限りです!

また最後になりますが自分も富士通のサポートの方と散々やり取りを重ねてきました
マニュアル通りの対応をされる方、親身に話を聞いて下さる方、様々でした
伝える側も最終的にはしっかりとした意思で現状を伝えてみることがいいと思います
自分は富士通が好きです
けどトラブルが起こった際こそメーカーの評価が一番判断されると思います
ですので富士通さんにも頑張って頂きたいです
そしてユーザーもパソコンを大切に使っていってほしいと思います

やはりモノを大切にするという事は愛着にも繋がると思います
posted by T90H at 19:09| Comment(4) | TrackBack(1) | T90Hのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

T90Hのキーボード分解記録

毎度のことながら更新です

さて今日はたださんよりコメントを頂きました
ありがとうございます!
こんなブログを見て頂けただけでも恐縮なのにコメントまでもらえて嬉しいです
ブログ拝見させていただきました
情報が新鮮で自分も今後のお手本とさせて頂こうかと思います
また時間がありましたらコメントお願いします!

そんなこんなな一日でしたが今日は我がパソコンのキーボードをバラバラに分解し掃除をしてみたのでどなたかの参考になればと思い写メしてみました

1.jpg

今回使用した工具です
ヨドバシカメラにありました
名前は「キー取外し工具」だそうです!
なんとワンコイン¥100でした!
マイナスドライバで代用してもよかったと、今は思いますがなんせ初めてで壊してしまったら元も子もないので購入してよかったです
またヨドバシの店員さんも丁寧な対応をしてくださりありがとうございましたぁ!

さてさてそんなこんなでキートップを外していきます

外した後に忘れないよう左側と右側の写真でも撮っておきましょう

2.jpg
3.jpg

セコセコ外していくとご覧の有様です

4.jpg

スペースキーとエンターキーは裏側に針金があるので外す際に注意が必要ですexclamation×2

ですのでそれ以外を最初にパチパチと外していきましょう

5.jpg

6.jpg

写真のように矢印の箇所を右左から均等にゆっくりと外します
そうすると針金で爪を破損することもないと思います

驚愕の中身にため息をつきながら裏面のネジを外しましょうがく〜(落胆した顔)

7.jpg

丸印の箇所のネジを外します
内一つは電池を外した部分にありますので忘れないようにしてください

8.jpg

全てのネジを外すと上と下に分かれようとしますが電池の配線が上下にくっついているので注意してください
写真は上下を外した状態ですが矢印の配線が上下に付いています!


ですので以下の手順で電池の針金(バネみたいなやつ)を外しましょう!

9.jpg

これが電池マイナス側を外したものです
ラジオペンチかなんかでしっかり根元を掴んでハンダの部分が外れないように注意してくださいね

10.jpg

このように赤丸の箇所は爪で針金を押さえているので爪を折らないようずらして外しましょう

11.jpg

これが爪です
大変小さいので写真では分かりづらいと思いますが目視できるので試してくださいね


針金が外れ配線を辿るとテープで配線が止まっていますのでゆっくりはがしてください

12.jpg

13.jpg

今度はプラス側を見てみましょう
こちらはいじる部分がないので確認程度に見て頂ければ大丈夫です

14.jpg

15.jpg

ここまでくれば上側と下側が外れます
ご苦労様でした
すると下側の部分に取り掛かれます
下側を裏返すとシリコンの部分が出てくるのでゆっくり外します

16.jpg

17.jpg

↑これはシリコン部に行く前の鉄板ですが基盤の2箇所のネジを外すと更にネジが出てきます

それと薄っぺらいハネースは外さずにどけておきましょう!

シリコン部の下は薄っぺらい基盤と言うのでしょうか?がありますのでこれもそっと外しましょう!

18.jpg

裏側が見えてきましたexclamation×2

19.jpg

サイドボタンの裏側アップです

20.jpg

サイドボタンの表側です

21.jpg

組み立ての際に基盤近くの配線はこのようになっております

22.jpg

以上で解体の様子の写メは終わりです

後は解体した順番を逆に辿っていけば組み上がります
こんな説明でご理解いただけるでしょうか?
もしもっと詳しく等ありましたらコメントお願いします

さてさて今回の解体で気付いたことひらめき
それはいかにキーボードが汚れているかってことです
毎日使うものだから、でもとても愛着のあるものだから大切に扱っていきたいですね
ちなみに自分はパソコンの前でタバコを吸わないのでヤニ汚れはありませんでしたが埃とチップスの食べかす?が溜まっておりました
詳細の写メは汚いので載せません…ふらふら

自分はこのT90Hを相当大切に使ってきました
今まで沢山のハプニングがあったなぁ…
ハードディスクの初期不良に始まりマウスの交換
電源ボックスの交換にディスプレイの交換
富士通のオペレータの方とのやり取りでは弾かれたりしましたが正々堂々大切に使ってきたことを伝えてきました
一流メーカーだからこそしっかりした対応を望んだこともあります
それに自分みたいな身分のものはすぐに買い替えられるものではありません
だからこそ大切に丁寧にしてきました
そして品物がでかいから修理は訪問修理をして頂きました
訪問してくださったスタッフの方にもちゃんと掃除されてると褒めてもらったこともあります
丁寧に扱っていることを褒められたら勿論嬉しいです
だからこれからも丁寧に大切に扱っていきたいです

幾度の訪問修理をして頂いたお陰で本体のばらし方も上手になったかなぁ…なんてあせあせ(飛び散る汗)
ですのでもし本体のばらし方で分からないとかがありましたらコメントください
時間のある時に掃除しながら写メしてばらしてみたいと思います

もし自分と同機種を使っている方がいらして何か困ったことがあったら参考になることがあるかも知れません
いつでもコメントください
そして一緒に大切に使っていきたいですねexclamation×2

もうただのバカな更新になりましたね…
ではまた!
posted by T90H at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | T90Hのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。